続く火山活動

今日の公明新聞コラムは鎌田浩毅先生の火山の話でした。
『巨大地震によって日本列島は東西方向へ5mも引き伸ばされた。(略)それを解消しようとして今後数十年にわたり噴火と直下地震が頻発する』とのことです。
確かに、今年に入ってからも草津白根、蔵王、霧島が噴火。昨日は新燃岳が135日ぶりに噴火しました。
千葉県に火山はありませんが、赤城や袈裟丸、男体山などは100キロほどのところにあります。また、仮にプレートとひずみ解消に関係があるとすると、プレートの速度は年間2センチほどですので5m移動するのに250年かかる計算になります。実際にはそこまでかかることはないでしょうが。
いずれにしても、そうしたことをいたずらに恐れていても仕方がありません。しかし、備えと協議はしっかりとしておきたいものです。

コメントは停止中です。