ブログ」カテゴリーアーカイブ

求められる議員の倫理観

今朝の日経新聞に『千葉県、不正入札根絶を急ぐ』との記事があり、『職員側の意識改革カギ』との見出しがありました。
昨年12月に職員が逮捕され、このほど県は官製談合防止法違反事件の調査報告書を公表しました。
この調査報告書によれば、県職員への働きかけは50件あり、そのうち利害関係者からは39件、県OBから5件、議員ならびに秘書から6件でした。
そして、対応策は、利害関係者、県OBについては示されていますが、「議員ならびに秘書」については何も記載がありません。
行政である千葉県の報告書ですから、議会に遠慮をして議員や秘書にはこう対応しますとは書けなかったのかも知れません。
しかし、記載がないだけに、議員側には高い倫理観が求められます。
議会も行政も共に県民の信頼のもとに成り立っていることを肝に銘じたいと思います。

2018年8月の公明議員

千葉県下公明議員の公明新聞8月の記事は15件でした。
全国の地方記事152件の中でほぼ1割を占めることができました。
印西、大網白里、八街、市原、習志野、東金、鎌ヶ谷、旭、松戸の9市と横芝光町の1町です。
今月は台風のために災害対策本部を立ち上げましたので、その記事も掲載していただきました。
また、来月も頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

沖縄詩歌集をよんで

今日の公明新聞に詩人の鈴木比佐雄さんの「沖縄詩歌集を編んで」というエッセイが紹介されていました。
沖縄慰霊の日(6月23日)に刊行された『沖縄詩歌集』を、私は歌人の橘まゆさんからご恵送いただきました。
詩歌集は、序章「大いなる わななきぞ」から最終章「大事なこと、いくさを知らぬ星たち」まで考え抜かれた構成になっています。
その最終章に印象に残る詩がありました。
『星が降るよな読谷村 / 母さん遺したおちゃわんに / 星を集めて 眠りましょう / いくさを知らぬ星たちは / きらきら きらきら 光っている / ひとりぼっちは いやだから / わたしも星になりましょう』

人の目で見える最も遠くのものは星(アンドロメダ銀河)です。
その星から見れば、地上のいくさの愚かしさはこれ以上ないくらい歴然なのでしょう。
そんなことを考えながら、今日は夜空を見上げてみようと思いました。

楽しみな「世界女子ソフトボール」

8月2日から、いよいよ「世界女子ソフトボール選手権大会」が開催されます。
日本チームの予選リーグは、以下の7試合です。
8月2日20時イタリア戦
8月3日19時ボツアナ戦
8月4日19時中国戦
8月5日19時イギリス戦
8月6日19時ベネズエラ戦
8月7日19時カナダ戦
8月8日19時オーストラリア選
全試合が、テレビ東京で生放送されます。
そして、8月10日からの決勝リーグは「ZOZOマリンスタジアム」で行われます。
かなりハードな日程ですが、世界16か国各チームの活躍を期待しています。
(写真は、直接関係はありません)

2018年7月の千葉県公明議員

7月の公明新聞に登場したのは、東金、成田、香取、柏、君津、我孫子、市川、市原、流山、鴨川の10市でした。このうち初登場は、香取、我孫子、市川の3市です。
今回は、流山市議から柏市議への連携で市民相談が実現したり、市川市でカラス被害を防止する条例を成立させるなど、大変注目すべき活動がありました。
連日の猛暑に負けない活動を継続してまいりたいと思います。