月別アーカイブ: 1月 2019

「インフルエンザ注意報」発令!

昨日(1月9日)、千葉県は『インフルエンザ注意報』を発令しました。
県内215の定点医療機関の平均患者数が11.22人となり、今シーズン初めて、国の基準(10人)を超えてしまいました。
今朝の駅頭でのご挨拶、県政報告の中でもお話させていただきましたが、11.22人と言っても、県内全体を見渡した平均人数です。
松戸市にあっては、実は20.33人、基準の倍の人数です。どうぞくれぐれもご注意ください。
インフルエンザの予防は、小まめな手洗いと室内の加湿、そしてワクチン接種です。他の人にうつさないための『咳エチケット』という言葉も普通に使われるようになりました。
インフルエンザが疑われる場合は、早めに医療機関への受診(電話)されるよう県も呼び掛けています。
どうぞ休養や栄養を取るなど体調管理をよろしくお願いいたします。

子どもたちと共に

今年も少年野球チーム「小金原ビクトリー」の新春餅つき大会に、地元の城所正美市議と参加させていただきました。
昭和45年に結成されたチームですから来年は50周年を迎えます。
私は、平成2年からの30年ほどのお付き合いとなりますが、私の知らない多くのご苦労話を聞かせていただきました。
今日はこの後、同じく30年ほど前の、創設時からお付き合いさせていただいている「松戸市合気会」の鏡開きも予定されています。
どちらも子どもたちの笑顔を見るのが楽しみで、参加させていただくと元気がもらえます。
日々の練習やこうしたイベントの準備、後片付けをされる方々に心から敬意を表します。
私も皆様と共に子どもたちの成長を見守らせていただきたいと思います。

明けましておめでとうございます

2019年を迎え、皆様がますますお元気でご活躍されることを心よりお祈り申し上げます。
昨年を振り返りますと、千葉県10大ニュースの第1位は『東京外かく環状道路(三郷南IC~高谷JCT)開通』でした。
11月の石井国交相の視察には、私も同行させていただきました。
外環道は、経済効果や渋滞緩和さらには地下に埋設された下水道松戸幹線など私たちに大きな利便性をもたらしてくれることと思います。
しかし、用地提供された方、道路の建設に携わった方など、ご苦労された多くの方々は表に出ることはありません。
相田みつをさんの言葉に「土の中の水道管/高いビルの下の下水/大事なものは/表に出ない」というものがあります。
私はこれからも、本当に苦労した方々のことを思いながら、皆が笑顔になる、住みよい千葉を作ってまいりたいと思います。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。