松戸駅のバリアフリーを促進

3月21日、石井啓一国土交通大臣とともにJR松戸駅のバリアフリー工事現場を視察させていただきました。
西口デッキのエスカレーターや駅構内のエスカレーターは整備され、いよいよ未整備だった構内のエレベーターの設置が待たれます。
そこで、国土交通相との視察を行いました。
現在、2019年度中の供用を目指し工事が行われています。17人乗りという大きなエレベーターとなり各ホームへの設置がなされます。
今後も利用しやすい松戸駅を目指し、JR支社長にも強く協力要請をさせていただきました。

ワクチン先進県へ、また一歩前進

「千葉県をワクチン先進県に!」という決意で、県内市町村議員と力を合わせ、強力にワクチン行政を推進してまいりました。
このほど柏市議会で、また前進が見られましたのでご紹介させていただきます。
3月1日の公明党・中島峻議員の質問に対し、高齢者肺炎球菌ワクチンについて以下のような答弁がなされました。
『本市では約50%と、国に比較すると高い接種率ではありますが、更なる接種率向上のために、平成31年度から、65歳以上で対象年齢以外であり、これまで公費で接種したことのない方に対して、任意接種の費用助成を開始することといたしました。任意接種の対象となる方につきましては、個別通知をし、接種を促してまいります。』
この個別通知をすること、接種費用の助成をすることは大きな前進です。
他の市町村にも拡大するようしっかりと取り組んでまいります。

2019年2月の公明議員

統一地方選挙が近づきましたので、どうしても一般記事は少なくなってまいります。
全体でも107本。一番多かったのは東京13本、続いて埼玉、兵庫、千葉の10本でした。
県内では、鴨川、四街道、流山、千葉の4市と睦沢、一宮、白子、長生の3町1村で、特に町村の頑張りが目立ちました。
特に、一宮町は公明議員がいない町ですから、党員の皆様の頑張りで記事が掲載となりました。本当に有難うございました。

痛恨の児童虐待事件

大変悲しい野田市での小学校四年生女児事件があり、公明党千葉県県議団として、急きょ「児童虐待防止に関する要望書」を森田知事、教育長、警察本部長宛に提出しました。
それぞれ10項目、7項目、5項目の要望事項でしたが、ともかくも子どもたちの心のケアを第一に掲げました。
子どもたちか健やかで幸せに暮らせることが私たち大人の務め、義務だと思うからです。
その上で、どうしたら防げたのか徹底検証しなければなりません。
県民の皆様にも児童相談所の体制や施設の実態も知っていただきたいと思います。
皆様の後押しをいただき、必要な予算の確保を訴えて参りたいと思います。

2019年1月の公明議員

2019年1月の県下公明議員掲載記事は8本。
富津、船橋、流山、佐倉、鎌ヶ谷の6市と千葉県の記事でした。
東京都17本、埼玉県14本に神奈川県と本県が同数で続きました。
記事になることが目的ではありませんが、10本を目標にして頑張りたいと思います。