糸魚川火災のこと

20171115糸魚川火災 (2)2016年12月22日に発生した糸魚川市の大規模火災跡を視察させていただきました。
現地ガイドのKさんは、姫川の局地風について熱心に語られました。
実は、現地には能生から入りました。能生は、海岸線のすぐ後ろに山が迫っており、家々がびっしりと並び建っています。少しでも家を広くと木造3階建てが非常に多い街並みです。当然、ひとたび火災が発生したら広範囲な類焼を免れません。
いただいた「糸魚川ジオパークマップ」を見ると、能生の町を流れる能生川は南東から北西へ流れ、海への最後1.5キロほどだけが北へ直線の流れとなります。
一方、糸魚川市街を貫く姫川は、約6キロにわたって南から北へ一直線に流れていきます。これがK氏の言う風の通り道なのでした。
山岳地帯の峡谷を抜けてきた南風が、パッと開けた糸魚川市街地へ一気に襲い、火炎も火の粉も、消防の放水さえも風下の海へ吹き飛ばしてしまったとのこと。
こうした地形は全国に幾つもあることでしょう。火災も地形に大きく影響されることを再認識した次第です。

南部市場祭にて

20171112南部市場祭今日は「松戸市南部市場祭」です。
晴天のもと、早朝5時過ぎから開場を待つ方もおられ、いよいよ開会式も秒読みです。
今年で25回目とのこと。第一回から参加している私としては感慨も一入です。
かねてより公設卸売市場は多くの難問を抱えてきました。
すでに改革案も数次にわたり今日を迎えましたが、いよいよ大きな動きがあることは間違いありません。
卸売市場の必要性はどなたも否定しないことと思います。
そうであれば、市場をどう地域の活性化に結び付けるかという前向きの改革でなければなりません。
生産者も市場関係者も地域も潤ってこその市場だと思います。
書き尽くせぬことばかりですが微力を尽くしてまいります。

1期議員研修から新たな出発

201711051期議員研修1本日は第一回目の「一期議員研修」でした。
公明党千葉県本部として、先の衆議院総選挙後の実質的な新たなスタートとなります。
今回は、八街・君津・四街道・東金・茂原の5市と栄・睦沢の2町の統一外選挙の8人が対象です。
OBの片田さんはじめ流山の戸部議員、白井の斉藤議員、千葉の青山議員という若手も講師陣として参加。
私自身も大いに反省したり、啓発を受けたり本当に勉強になりました。
本日を皮切りに今後も様々な研修が続きます。有意義な実り多い研修になるよう精一杯お手伝いしたいと思います。

現場を歩く

20171102元山今日は幾つもの市民相談が重なりました。
朝の駅頭後、午後は夜7時まで市内各所を回るという大変珍しい1日でした。
その中の1カ所は大変不幸な交通事故が重なった市道です。
通学路であるだけではなく、子どもたちが集まってくる公園もあり、沿道にはこれまであったマンションが40世帯ほどの戸建て住宅地に生まれ変る場所もあります。おそらく子どもさんのいる世帯が多数入ってくることでしょう。
この歩道のない市道の安全をいかに確保していくか、知恵を絞りながら県警当局と協議してまいります。

旭市の道路整備要望

20171031旭香取道路整備昨日、香取市を訪問し小野勝正市議と、ある案件での現地調査をしました。
小見川は、わが家から車で2時間半はかかりますので、この際ですので問題の箇所だけではなく他の場所も回らせていただきました。
そのなかの一つの道路整備の要望場所は、少しばかり旭市に入ったところでした。
現地に着いたときに、ちょうど県のパトロールの人たちがほとんど同じ場所の巡回をしていましたので、一緒に見ていただきました。
地盤の悪さから道路がガードレールともども外側に流れています。
見た感じでは補修では済まない感じですので、さっそく取りまとめて申し入れしたいと思います。
現地でお世話になった方々に心から感謝いたします。ありがとうございました。