鳥インフルエンザのこと

20170326鳥インフル今朝、千葉県より「高病原性鳥インフルエンザに係る防疫措置状況について(第10報)」がファックスにて届きました。
全ての鶏の埋却処分が終了し、半径3キロ以内の6農場について異常がないとの内容でした。
当該農場の方には本当にお気の毒としか言いようがありません。
渡り鳥を止めることはできませんし、私もかつて防犯ビデオで、非常に狭い隙間から小動物が入ってしまうのを見て驚いたことがありました。
シベリアなどで感染して朝鮮半島経由で入ってきた場合に、完璧に防ぐのは至難と言わざるを得ません。韓国や中国だけではなく、フランスなどヨーロッパでも頭を抱えています。
私たち公明党議員は、問題が起こると真っ先に現地へ飛び出すのですが、こと感染病についてはまん延を引き起こしかねないことから、『現場主義』は慎んでいます。
現地の議員と情報を交換しながら、今後も誤った噂や情報が流れないよう注意してまいります。
(※4月17日までインフルエンザの発生がなければ、翌18日に移動制限は解除されます)

コメントは停止中です。