松戸市中央消防署新庁舎完成

今日は、『松戸市中央消防署新庁舎開署記念式典』に参加させていただきました。
旧庁舎が昭和42年建設だっただけに待望の新庁舎です。
設備も最新となり、72時間連続稼働できる自家用発電機2機が屋上に設置されていました。
また、東日本大震災で経験した燃料不足に対応するために、災害出場車両の約7日分の燃料が確保されました。
写真は、そのスタンドです。
2020年には「ちば北西部消防指令センター」も運用開始となります。
また、市民・県民の安全安心が大きく前進しました。

コメントは停止中です。