痛恨の児童虐待事件

大変悲しい野田市での小学校四年生女児事件があり、公明党千葉県県議団として、急きょ「児童虐待防止に関する要望書」を森田知事、教育長、警察本部長宛に提出しました。
それぞれ10項目、7項目、5項目の要望事項でしたが、ともかくも子どもたちの心のケアを第一に掲げました。
子どもたちか健やかで幸せに暮らせることが私たち大人の務め、義務だと思うからです。
その上で、どうしたら防げたのか徹底検証しなければなりません。
県民の皆様にも児童相談所の体制や施設の実態も知っていただきたいと思います。
皆様の後押しをいただき、必要な予算の確保を訴えて参りたいと思います。

コメントは停止中です。